背骨の変形・首下がり

背骨の変形とは

一般的に背骨と呼ばれる部分は、頸椎と呼ばれる首の骨の部分から仙骨・尾骨の範囲までを言います。ここに変形がみられる場合に考えられる疾患が変形性脊椎症です。

変形性脊椎症

変形性脊椎症とは、椎骨(背骨のひとつひとつ)と椎骨の間にあって、緩衝の働きもする円形の軟骨組織を椎間板というのですが、これが加齢による退行性の変化によって、主に頚椎や腰椎の椎間板が変性あるいは狭小化するなどして、それによって慢性的な疼痛や関節の可動域制限が起きている状態を変形性脊椎症と言います。人によっては無症状ということもありますが、さらに進行すると神経根や脊髄も圧迫を受けるようになって神経症状がみられるようになります。発症の原因については、加齢による生理的な現象ですが、重労働や遺伝的な要因が症状を悪化させることもあります。

なお頚椎が変形している場合は、変形性頚椎症と診断され、首の痛みや肩こり、腕が動かしにくいなどの関節可動域制限がみられるようになります。そして神経根が圧迫されるようになると神経症状として、片側の腕の部分でしびれなどの感覚障害や疼痛、肩甲部の疼痛がみられる頚椎症性神経根症、脊髄が圧迫されると手足や体幹にしびれなどがみられる感覚障害、手指の巧緻運動障害(箸が使いにくい、ボタンが留めにくい など)、膀胱直腸障害などがみられるようになります。

また、腰椎が変形しているのであれば、変形性腰椎症と診断されるわけですが、この場合は腰痛や臀部の痛み、関節の可動域制限がみられるようになります。さらに症状が進行して、神経根や脊髄が圧迫を受けるようになると、それらの症状が見受けられるようになります。具体的には、足にしびれなどの感覚障害や疼痛、歩行障害、神経性の間欠性跛行(しばらく歩くと痛みやしびれの症状によって歩行困難となるが、少し休むと歩けるようになる)、膀胱直腸障害などが現れるようになるわけですが、このような状態を腰部脊柱管狭窄症と言います。

治療について

治療は主に保存療法となります。頸部で、痛みがあれば薬物療法として炎症鎮痛薬を用いるほか、リハビリとして頸部を温める温熱療法や頸部の牽引なども行います。また装具療法としてカラーを装着していくようにもします。腰部であれば、痛みがある場合は、炎症鎮痛薬や腰痛体操のほか、リハビリとして腰を温めていく温熱療法、コルセットで腰を固定して負担を和らげる装具療法を行うほか、神経ブロック注射をすることもあります。

なお、頸部でも腰部でも保存療法では症状が改善できないということであれば、手術療法となります。この場合は、神経や脊髄が圧迫されていることによる症状がほとんどなので、神経を圧迫しているものを取り除いていく除圧術などを行っていきます。

首下がり(Drop head syn)

首下がりとは、顔を持ち上げてまっすぐ前を向くのが困難な状態を首下がり(首下がり症候群)と言います。この場合、首は背筋と一体化してピンとすることはなく、体幹(胴体)から見ると頭部は前屈したままとなっています。ただ、仰向けに寝ることで首は再びピンとした状態に戻るようになります。なお首下がりを長く放置してしまうと、そのまま固定されてしまうこともあります。
そもそもアゴが胸にくっつくような姿勢(首下がり)になってしまうのは、首と背中の間にある頭をしっかり支える筋肉(僧帽筋、頭板状筋、頸板状筋、頭半棘筋 など)の筋力が低下してしまうことで起きるとされ、原因としては患者様に高齢者が多いことから加齢が関係しているとも言われますが、完全に特定されているわけではありません。そのほかにも筋力低下の症状がみられる病気(パーキンソン病、ジストニア、ミオパチー、頚椎症 など)によって引き起こされることもあります。
主な症状ですが、発症間もない頃は、肩こりのような違和感が現れますが、急激に悪くなることもあり、常に首は下を向いた状態になるのですが、歩きにくい、食事が喉を通りにくくなる、呼吸が苦しいといった日常生活に障害をきたすことがあり、このような場合は、直ちに受診するようにしてください。

治療について

首下がりの症状が起きている原因疾患を特定するための検査(頸部X線撮影 など)を行い、診断がついた場合は、ほぼ、保存的治療で軽快しますが、時に手術が治療が必要になりことがあります。

診療科目
整形外科、リハビリテーション科
住所
東京都港区六本木6-5-20
アクセス
大江戸線「六本木駅」3番出口徒歩3分
日比谷線「六本木駅」1番出口徒歩3分
メール
info@nishiyama-seikei.clinic
:土曜午前は9:30~12:00。
:土曜午後は第2・第4・第5週が13:00~15:00で予約外来とセカンドオピニオン外来になります。
※土曜日はハザードをご確認ください。
受付は30分前までにお願いします。
診療時間 日祝
9:30~13:00
15:00~18:30