スポーツのけが

スポーツのケガとは

スポーツで起きたケガは、大きく2つに分けることができます。ひとつは、スポーツ中に選手同士が衝突する、転倒、捻るなど、何の前触れもなくいきなり強力な外力によって発生する組織的損傷のスポーツ外傷(骨折、靭帯損傷 など)で、もうひとつは同じスポーツを長期的に続けることで一定の部位による繰り返しの動作が負荷となっていき、少しずつ組織が損傷していくなどして、疲労骨折などが起きてしまうスポーツ障害です。

この2つが原因のスポーツによるケガや機能障害のことをまとめてスポーツ傷害と呼ぶこともありますが、これらは初期治療が最も大事とされ、放置が続くと症状をさらに悪化させ、単にスポーツでのパフォーマンスを低下させるだけでなく、長期的に休養しなくてはならない事態を引き起こすこともあります。そのためスポーツ傷害が発生した場合は、診療に行く前に受傷した現場で応急処置(RICE療法※)を必ず行うようにしてから受診されるようにしてください。

代表的なスポーツ傷害

スポーツ外傷
骨折、腱断裂、靭帯損傷、肉離れ、筋断裂、筋挫傷 など
スポーツ障害
疲労骨折、骨壊死、骨の変形、腱炎、腱鞘炎、靭帯炎、関節の不安定性、習慣性脱臼、筋炎 など
  • RICE療法とは、安静(rest)、冷却(icing)、圧迫(compression)、拳上(elevation)の頭文字をとった治療法になります。受傷直後に行う治療のことで、炎症の進行の抑制や傷害の重症化を防ぐために行います。ちなみに圧迫は止血や腫脹などを防ぐためにきつくはならない程度に患部を包帯等で縛るようにします。また拳上とは患部を心臓の位置より高くするという意味です。

小児のスポーツ選手も対応

また小児のスポーツ選手であれば、骨などが成長途上にありますので、放置が過ぎると悪影響がみられることもあります。例えば、本人も周りの方々も足の捻挫程度と思っていたものでも軽度な骨折をしていて、それが数年経過してから障害となってしまい、そのうち運動制限をしなくてはならなくなることもあります。このような状態にならないためにも少しの違和感でもあれば一度ご受診ください。
特に、長期間続く腰痛の場合には腰椎分離症が疑われます。
適切な治療を早期に施行すれば完治が期待できます。
なお当院では、スポーツによる傷害を診察する場合、傷害を受けた部位や程度、年齢、競技レベルなどを確認し、さらに患者様の意向を尊重したうえで、治療を進めていきますが、その際は丁寧に説明していきます。

リハビリテーションも大切です

スポーツによるケガをされた方は、その後の競技復帰やそのスポーツの継続を考えられている方が大半ですが、その際に欠かせないのがリハビリテーションです。この内容は、日常生活での必要な動作を取り戻す、あるいは維持するといったメニューとは異なります。

当院では、患者様が行っている競技の特性も考慮しながら、医師の指示に基づいて、運動療法(ストレッチや筋力訓練 など)や理学療法(温熱、牽引、電気療法 など)を施行しスポーツ復帰に向けてアドバイスっていきます。

診療科目
整形外科、リハビリテーション科
住所
東京都港区六本木6-5-20
アクセス
大江戸線「六本木駅」3番出口徒歩3分
日比谷線「六本木駅」1番出口徒歩3分
メール
info@nishiyama-seikei.clinic
:土曜午前は9:30~12:00。
:土曜午後は第2・第4・第5週が13:00~15:00で予約外来とセカンドオピニオン外来になります。
※土曜日はハザードをご確認ください。
受付は30分前までにお願いします。
診療時間 日祝
9:30~13:00
15:00~18:30