一般整形外科

整形外科とは

整形外科では、全身の運動に関係する器官や組織の総称でもある運動器(主に骨、神経、筋、関節 など)にで起きた病気やケガについて診療していきます。なお、部位や病気あるいはケガの程度といったことは関係なく、運動器でみられている症状を幅広くみていきます。

また整形外科は、年齢制限はありません。生まれて間もない乳児からご年配の方まで全ての世代の方を対象としていますので、運動器に関して何らかの異常を感じましたら、躊躇することなくお早めにご来院ください。

当診療科は、ぎっくり腰や腰痛になった、手首や足を捻ったので捻挫や骨折の疑いがある、転倒して打撲やケガをした、背中が丸くなった、肩や首がこる、膝が痛い、手や指などを使い過ぎて腱鞘炎が起きている、など日常生活でよく起きる運動器の疾患やケガを主な対象としています。また交通事故や労災によるケガにつきましてもお気軽にお問い合わせください。

整形外科でよくみられる症状(例)
  • 肩や首がこる
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • 手や足などがしびれる、感覚が鈍い
  • 手足に力が入らない
  • 手指がこわばる、脹れる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷などの外傷を負った 
  • 交通事故にあった、仕事中にけがをした など

診察について

当院で行う診察の具体的な流れですが、まず問診を行います。ここでは来院の原因となる症状がいつから起き、どのような症状であるかを聞くほか、既往歴、服薬歴、家族歴、生活歴などをお聞きします。次に身体診察として視診(患者様が訴えている部位だけでなく、全身も含めて医師が観察)や触診(患者様が痛みなどを訴えている部位を医師が手で触って所見をとる)をしていきます。

身体診察を終えて、さらに詳細な検査が必要という場合は、画像検査(X線撮影、CT、MRI )、血液検査、骨密度検査なども行っていくことで、診断をつけていきます。
(CT,MRIは提携病院に委託)
その結果、入院加療が必要という場合は、当院と地域連携している病院をご紹介いたします。

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よく見受けられる症状 考えられる主な疾患
首の痛み 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア
肩のこり、痛み 頸肩腕症候群、五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、肘部管症候群、手根管症候群
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
手の指の痛み ばね指、突き指、デュピュイトラン拘縮、ヘバーデン結節
腰の痛み 腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症、脊椎がん転移、感染
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)、鵞足炎
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
足の痛み 足底筋膜炎、扁平足、アキレス腱断裂、開張足
足指の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風

こどもの整形外科とは

小児の運動器(骨、神経、筋、関節 など)で発生したケガや病気、あるいは先天的な運動器の異常や小児特有の整形外科領域の症状などを中心に診療していきます。

成長軟骨版(骨端線)をもつ小児は、成人と違った病態があります。骨折では変形したまま癒合することもあるので注意が必要である一方、治癒力や自己の矯正力は旺盛なので、手術をしなくても保存療法ですむこともあるなど、成長期という時期をしっかり考慮しながら診察・検査・治療を行っていきます。
具体的には、外傷(ケガ)だけでなく、原因が特定できない足の痛みがある(骨端症;オスグッド・シュラッター病・ペルテス病 など)、手や足の指が変形している、姿勢が不良である、学校健診で脊椎の異常(側弯症)の指摘を受けた、歩行がおかしい、手を急に動かさなくなった、首が回らないなど、様々な症状がある場合はご来院ください。
症状によっては、経過観察で済むこともあれば、速やかな治療が必要な場合もありますので、診察の際は注意深くお子さんを観察させていただくほか、小さなお子さんの場合は言葉で表現することが難しいので、保護者の方にいつから症状がみられているか、いつもと様子がどのように違うのか、などいくつか質問させていただくこともあります。診断をつけるために必要と医師が判断すれば、詳細な検査をするなどして、総合的に判断していきます。その結果、入院加療、高度医療機器による検査や治療が必要という場合は、当院と地域連携している総合病院や専門の医療機関を紹介いたします。

整形外科でよくみられる症状(例)
発育性股関節形成不全、股関節臼蓋形成不全、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、O脚、X脚、小児期扁平足、先天性内反足、脚長不等、小児の骨折、歩容異常、ばね指、脊椎異常(先天性側弯症、特発性側弯症)、腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア、先天性斜頸(筋性斜頸)、環軸椎回旋位固定 など
診療科目
整形外科、リハビリテーション科
住所
東京都港区六本木6-5-20
アクセス
大江戸線「六本木駅」3番出口徒歩3分
日比谷線「六本木駅」1番出口徒歩3分
メール
info@nishiyama-seikei.clinic
:土曜午前は9:30~12:00。
:土曜午後は第2・第4・第5週が13:00~15:00で予約外来とセカンドオピニオン外来になります。
※土曜日はハザードをご確認ください。
受付は30分前までにお願いします。
診療時間 日祝
9:30~13:00
15:00~18:30